もっと自然に、もっと快適に、もっと楽しく

北欧っていいね!

第14回 企業が世界を救うべきか?(最終回)

企業が世界を救うべきか? 先日、ストックホルムでスウェーデンの環境保護庁、県、自治体、企業、大学や研究所、NGO等で、日常業務でプロとして環境に携わっている350人と環境大臣が集まるという大きな環境シンポジウムがありまし…

第13回 ハンバーガーチェーンMAX(スウェーデン)のサクセスストーリー

スウェーデンの北極圏の町から発祥 MAXは、スウェーデンの北極圏にあるイェリバリという小さい町で1968年に創設されたハンバーガーチエーンです。全国に86店舗を持ち、従業員は約3000人、2011年の売上が約177億円と…

第12回 スウェーデンと日本の教育のどこが違うか?

私は、1980年代から90年代の中頃まで、スウェーデンのストックホルム市の基礎学校(小学校と中学校)と高校で、母国語教育(日本語)の教師をしていました。その経験も交えて、今回、スウェーデンの教育全体についてお話します。特…

第11回 日本が忘れている再生可能なエネルギー

バイオガスの可能性 再生可能なエネルギーへのシフトの機運 3.11の東日本大震災と福島原発事故後、リスクの高い原発から脱却して再生可能なエネルギーへ早くシフトしようという機運が日本に高まっています。そして今回、原発や火力…

第10回 スウェーデンの男女平等~女性が活躍するスウェーデンの社会~

スウェーデンは男女平等の先進国 ベビーカーを押す父親。スウェーデンでは一般的な光景 スウェーデンは国際的に見て、最も男女平等が進んでいる国の一つです。 例えば、女性の大臣が50%、国会議員が45%、市議会議員が50%、市…

第9回 医療における環境問題とは? (2) カロリンスカ大学病院 環境に配慮した医療をリードする

スウェーデンの病院は薬の臭いがしない スウェーデンで最も有名なカロリンスカ大学病院正門 スウェーデンの病院を視察したある日本人が、「スウェーデンの公立病院には驚きました。薬臭くない、混んでいない、恐くないと3拍子揃ってい…

第8回 医療における環境問題とは? (1)

医療における環境問題とは? まず、簡単にスウェーデンの医療システムについて説明します。 スウェーデンでは、医療はランステイング(広域行政)の管轄です。このランステイングというのは、日本の県と比較できます。 日本で県議会議…

第7回 Scandic Hotel スカンディックホテルのサスティナブルビジネス (2)

ホテルの具体的な環境対策は? スカンディックホテルの理念に基づいた具体的な環境対策活動を知るために、サスティナブル・ビジネス・マネージャーのインゲルさんの紹介で、現場であるScandic Järva Krog スカンディ…

第6回 Scandic Hotel スカンディックホテルのサスティナブルビジネス (1)

スカンディックホテルの概要 スカンディックホテルは、スウェーデンでビジネスホテルのチェーンとして1963年に創設されました。   現在は、スウェーデン、デンマーク、ノールウエー、エストニア、ドイツ、オランダ、ベ…

第5回 「世界をリードするスウェーデンのエコホテル、ソンガ・セービー」Sånga-Säby Kurs & Konferens AB

“世界一環境にやさしいホテル“のタイトルを取得したソンガ・セービーの環境対策 ソンガ・セービーの歴史(Sånga-Säby Kurs & Konferens AB) Sånga-Säby Kurs & K…